IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血の通った付き合い
また、ホームページの話題です。

先日のWEB業者の方が事務所にいらして、再度サービスのメリットについて説明を受けました。

それなりに大きな会社なので、それなりに信用はできるとは思うし、それなりに成果も期待できるとは思うのですが…

本当に血の通ったお付き合いをできるかどうかはちょっと疑問です。

(営業の方、このブログを見ていたらゴメンナサイ)

私にとっての最優先事項は顧客開拓であり、顧客獲得が保証されるのなら、赤字にならない限りはいくらコストをかけてしまっても構いません。

条件面で譲歩はしてもらえたのですが、結局のところ、顧客獲得が保証されたわけではありませんでした。

たとえ不利な条件であっても顧客獲得が保証された提案であればいいお付き合いができると思うのですが、今後お付き合いするとしてもビジネスライクな付き合いになるのかなと思います。

そうすると、私にとっては顧客獲得の手段がWEBである必要はないので、単純に他の集客手段との比較ということになります。

同等のコストであれば、先日紹介したビジネス朝食会なら5つのグループに所属することができてしまいます。

まー、たとえ集客に失敗しても整備されたホームページが残るので、そのホームページの価値を含めての検討というこことになりますが。

話はかわりますが、本日お会いした商社の社長さんなどは、特許を取得したある商品のビジネスについて柔軟に対応いただけそうです。

まず、こちらが損をしないよう在庫商品の買い取りの提案をしていただけたので、安心してお付き合いができます。

特許等の出願についても、こちらとしては労力が大きくとも、その商社にとってメリットが大きくなるような提案をしました。

これが血の通った付き合いとまで言えるかはわかりませんが、今後お付き合いする方とは、相手の問題点を解消するよう努め、共に利益を出せるような関係を築いていきたいものです。


↓他の方のブログも見て下さいね

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/70-da8c0a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の44歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。