IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料金体系について
先日のブログで、特許、商標等の登録時に頂く謝金(成功報酬)システムは、出願時のクライアントの負担を軽減させるために導入された(らしい)と書きました。

この導入の趣旨からすれば、「謝金」=出願手数料の分割後払い分ということになります。

ところが、最近では、謝金なし、ということで他事務所と価格面で差をつけて、仕事を受ける特許事務所も多いようです。

クライアントからしたら、いくら商慣習で「謝金」が存在していたとしても、削れるものなら削りたい費用でしょうしね。

私がお客さんだとしても、「謝金」とか「礼金」とか、曖昧なものにお金を払いたくないですから。

そのようなわけで、謝金なし、つまり出願手数料の分割後払い分は無料、ということになってきているようです。

ということは、この逆も可能ではないかなどと考えてしまいます。

つまり、査定時に後払いの手数料を頂くことにして、出願時の出願手数料の前払い分を無料にしてしまうのです。

もっとも、全件が登録になるわけではないので、登録率を考慮して料金を設定しないといけないとは思いますが。

実際、商標登録出願では、登録に失敗した場合、出願費用を全額返還する事務所もあるようです。

いろいろと料金体系について考えるわけですが、一番いいのは、新しい料金体系を自分固有のサービスと絡めて作ることかと思います。

今のところ、既存の料金体系を基準に事務所の料金を設定していますが、いつまでも昔の料金体系に縛られていると価格競争に巻き込まれそうで怖いです。


   ↓クリック
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/64-1e3c1ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の44歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。