FC2ブログ
IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
謝金?成功報酬?
最近、事務所の料金体系で頭を悩ますことが多いです。

今は廃止されていますが、昔は「弁理士報酬額表」という料金表が存在してました。

殆どの事務所では、この料金表に表示されていた項目に基づいて、クライアントに料金を請求しています。

この料金表には、「謝金」という項目があります。

「謝金」とは、特許や商標の出願が登録された場合に、成功の見返りとして頂く料金のことです。

私は、「謝金」でなく、「成功報酬」という項目にしています。

古くから特許事務所を経営されている先生に聞くと、この「謝金」システムは、出願時の弁理士手数料が高すぎるから、出願費用を出願時と登録時に分割して、出願時のクライアントの負担を軽減するために導入されたそうです。

もしそうだとすると、登録時に頂く費用に「謝金」という言葉を使ったのはよろしくないと思います。

なぜなら、「謝金」は、不動産業界の「礼金」と同様、クライアントに合理的な説明ができないからです。

笑い話ですが、クライアントから「おまえに感謝などしていない!」とか罵られて、「謝金」の支払いを断られたという話を聞いたことがあります。

そして、請求書の項目を「謝金」でなく「成功報酬」としたところ、料金をお支払いいただけたとか。

こんな話を聞いたりすると、なかなか楽しい業界だと思ったりしてしまうのですが(笑)


   ↓クリック
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/62-a9b6646e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の45歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード