IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての特許査定
先日、はじめての特許査定を受け取りました。

審査請求すれば、取り下げ等しない限り特許査定か拒絶査定となるので、いつかは受け取るものなのですが…

開業して最初の特許査定はやはり感慨深いものがあります。

冗談で妻に赤飯にしようと伝えておいたら、夕食に本当に赤飯が出てきました(笑)

もちろん、権利を取って終わりということでなく、どう活用するかというところの方が大事なのですが、最低限の仕事が終わってほっとしているのが正直なところです。

だいぶ前にブログに書きましたが、今回も、①無料調査、②補正+早期審査、③審査官面接、というステップを踏みました。

やはりこのステップだと、スピーディだし効率がいいですね。

国内優先期間内かつ公開前に手続が進むから、仮にうまくいかなくても国内優先を使って補充した出願が可能だし、最悪の場合取り下げれば公開されずに済むという安心感もあります。

そういえば、今年の特許の出願件数もあまり多くないようですが、審査待ちの出願がはけてくれば、早期審査を請求せずとも、早期に審査されるようになるのですかね。

   ↓クリック
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/59-43587d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の44歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。