IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意匠のすすめ
今日は、顧問をしている会社で、エンジニアの方々を対象にレクチャーをしてきました。

その会社は、いわゆる大学発ベンチャーというやつで、ある技術を軸に事業を行っています。

レクチャーも特許に関する内容を期待されていたのですが、私の独断で意匠についてもそれなりに時間を割いて解説しました。

会社で取り扱う製品の性質上、形態の自由度が小さそうなので、意匠権が、特許権と同等以上の効果を発揮しそうだからです。

そうはいっても、相手はエンジニアの方々ですから、いくら説明をしたところで、意匠に興味をもってくれるのは一人か二人と思っていました。

ところが…

いざ具体例を挙げて説明すると、皆さん、くいつきが思いのほか良かったです。

意匠は物品の外観ですから、理解しやすかったせいでしょうか。

自社製品をどのように意匠出願するかについて積極的に議論してくれたので、出願のインタビューをする手間が省けて大変助かりました。

意匠であれば、審査が早く登録率も高いので、特許よりも権利化のコントロールがしやすそうです。

製品を知財権で保護する場合は、特許権と意匠権の両方で保護すると効果的ですね。

   ↓クリック
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/44-67275330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の44歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。