IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
個人の特許出願
多くの特許事務所では、比較的大きな企業をメインの顧客としています。

そして、企業から継続的に特許等に関するお仕事を頂いて、特許庁へ提出する書類を作成します。

私の勤務している特許事務所でもそうです。

ですが、たまに個人で特許の出願を依頼してくるお客さまもおられます。
※特許の場合、申請でなく出願(シュツガン)といいます。

個人のご依頼の場合、特許権を取得するまでの費用が問題になることが多いです。

特許庁に支払う印紙代は、出願時に1万5千円、審査請求すると約20万円です。
(この他、特許事務所で出願の書類を作成してもらうと、別途料金が発生します。)

この審査請求の約20万円が個人にとって高すぎるのです。

しかも、審査の結果、特許にならないこともあり、結果的に審査請求料が無駄になるケースもあります。

このような無駄を少しでも省くために、私は、個人や中小企業のお客さまに下記制度の利用をおすすめしています。

平成21年度特許出願に関する先行技術調査の支援事業のお知らせ
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/chushou/senkou_chousa.htm

この制度は、個人や中小企業を対象に、審査請求前に先行技術を無料で調査してくれるというものです。

この調査では、特許性に関わる文献が列挙されますので、個人で特許出願をお考えの方は、この調査結果を踏まえて、審査請求するか否かを決めると便利ですよ。

私のお客さまでも、この制度を利用して効率良く特許を取得されている方がいます。

この調査の今年度の依頼期限は2月26日までですが、予算の都合等で早期に終了する場合もあるようなのでお早めに。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/2-b5dff143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の45歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード