IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料調査、終了間近
このブログで取り上げてきた特許の無料調査ですが、今年度の依頼期限は2月26日です。

平成21年度特許出願に関する先行技術調査の支援事業のお知らせ

事業者によっては、既に受付を終了しているところもあるようですね。

先日、無料調査の結果を受領された個人のお客様と打ち合わせしましたが、無料調査がとても便利な制度であると再認識しました。

出願書類の特許請求の範囲には、請求項1、請求項2、請求項3、…といった具合に、複数の請求項を記載することができるのですが、調査結果では抽出された先行技術文献がどの請求項に関わるのかが明示されます。

そうすると、複数の先行技術文献が挙げられた請求項は権利化が困難でしょうし、全く文献が挙げられていない請求項があれば権利化が比較容易であると、おおまかには判断できます。

あとは、事業における必要性、重要性等を加味して、請求項に記載された技術事項ごとに権利化の優先順位を決めて、先行技術文献に対しての反論の準備をします。

反論の準備は、先行技術を考慮してその出願の特許請求の範囲を補正するのが一番簡単ですが、先日お話ししたように、反論材料となりうる事項を追加した新たな特許出願をすると効果的です。

ただし、新たな特許出願は、無料調査を行った特許出願の公開前に行う必要があります。

特許出願の公開等との関係については、次回お話しすることにします。

尚、審査官との面接のメリットに関する話の続きは、さらにその後にお話しします。

先週は面接の話ばかりだったので、気分転換します。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/17-72e48f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の44歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。