IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知財業界のキャリアプラン
本日7月1日は弁理士の日ということで、弁理士の日記念ブログ企画2014に参加させていただきます。

今年のお題は「知財業界のキャリアプラン」です。

…難しいですね。

正直、キャリアプランについて記事にできるほど深く考えてはいません。

ただ、自分が歩んできたキャリアパスの記事でもよいということなのでそちらを書かせていただきます。

社会人以降の経歴を年齢基準で書きますと、

24歳 自動車メーカ入社
26歳 第1の特許事務所へ転職
28歳 第2の特許事務所へ転職
32歳 第3の特許事務所へ転職
33歳 弁理士登録
33歳 第4の特許事務所へ転職
37歳 独立

改めてみると、転職繰り返してますね(笑)

ちなみに、親が転勤族だったので、小学4年、中学1年、高校2年で転校していて、転校と転職を繰り返す人生になっています。

自動車メーカを退社するとき、30歳までに資格取って35歳で独立できたらいいとは漠然と思ってましたが、遅れてはいるものの、結果的に資格も取れたし独立もできてますね。

各特許事務所で経験した業務内容ですが、第1及び第2の特許事務所では、国内の明細書、中間処理を担当しました。

第1の特許事務所で機械系の明細書の書き方をマスターし、第2の特許事務所で得意な自動車分野の明細書を作成していました。

第3の特許事務所では、国内及び内外の明細書、中間処理や、簡単な調査業務を担当しました。

第4の特許事務所では、国内、内外、外内の明細書、中間処理を担当するとともに、鑑定、調査等の業務もまわってくることがありました。

意図したわけではありませんが、転職するたびに業務範囲が広がっていったので丁度よかったといえばよかったです。

今後についてもいろいろ書きたいところなのですが、実は事務所の方向性についてちょっと迷ってしまっています。

事務所の経営を安定させなければと思う反面、安定させる方向に舵を切ると、自分がやろうとしていることから離れるのではないか、などと考えてます。

このあたり、自分の考えがまとまった時点で、またブログでご報告できればと思います。


しげいずみ知財綜合事務所

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
コメント
御参加ありがとうございます
記事自体は昨日拝見させて頂きましたが、
コメントを残すことができませんでしたので、
再度訪問させて頂きました。

さて、事務所を移るたびに業務範囲が広がっていった、
というのは、なんとも羨ましいと思いますが、
実際は、できる人のところに新しい業務が集まったというような気もします。

とはいえ、一般の現実として、
欲しい経験を得るために進路を選択することが必要とされる場面があるものかなとも思います。
そういう意味では、
明細書の書き方
中間処理
内外、外内の明細書、中間処理
鑑定、調査等
というパスが示されているのは参考になりました。

また、来年の御参加をよろしくお願い致します。
[2014/07/02 06:01] URL | ドクガク #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/127-c7965323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の43歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。