IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の出来事
昨日は、とある経営者に、とある製品のとある部分の特許を取って欲しいと言われました。

特許に詳しい技術者と私で、あれやらこれやらが公知だから、進歩性を出すのはちょっと厳しいんじゃないのかと意見を述べたのですが、『どうしても必要だから取ってくれ!』と押し切られてしまいました(笑)

ただ、事業内容と現在の特許取得状況を考慮すると、必要な特許である点については完全に同意できました。

このように、経営者が事業と特許(知財)を絡めて戦略を練ることは、企業にとっては良い状況であると個人的には思います。

特許を取る目的がはっきりしていて、ある程度の裁量を与えられれば、こちらとしてもやりやすいですしね。

特許取得まで相当な苦労が予想されますが(笑)

諸事情により急いで出願しなければならないようで、ちょっと忙しくなりそうです。


しげいずみ知財綜合事務所

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handyman23.blog117.fc2.com/tb.php/115-32c19e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の44歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。