IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知財の優先順位
この間のブログでは、とある中小企業が、資金繰りが厳しいために、外国出願の補助金を辞退したと書きました。

ただし、資金繰りは厳しいですが、超重要な特許に関しては、私が経営者に直談判する等して出願を継続して行っています。

完全にノウハウで保護できるならともかく、製品が形になる以上は何らかの面で特許取得が可能であり、権利なしでは効果的に参入障壁が築けないからです。

一方、それなりの規模のメーカーであっても、不況になった途端に出願をストップする中小企業も多いようです。

何のためらいもなく特許の経費を削減している様子を見ていると、現在の事業に特許が役に立っていないか、仮に役に立っていても気づいていないのだろうかと思います。

まー、実際に役に立ってないなら、出願数が減ったところで将来的に状況は変わらないのでしょうが。。。

だったらいっそのこと出願などやめて、優先順位の高い他のことに資源を集中すべきと思ってしまいます。

ただ、個人的には、中小企業であってもものづくりをしている以上は、知財の優先順位は比較的高く設定しておくべきと思います。

よほどうまいビジネスモデルでもなければ、自社の優位性を築けないと思うのですがね。


↓他の方のブログも見て下さいね

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の43歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。