IP eyes
~現役弁理士が語る知財の眼と芽~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【弁理士の日記念ブログ企画2016】商標出願乱発男性に先をこされても権利化できるのか
放置状態のこのブログですが、今年も弁理士の日記念ブログ企画2016に参加させていただきます。

今年のお題は「知財業界でホットなもの(又は新しいもの)」です。

今、知財業界で話題になっているのは、出願手数料を支払わずに膨大な数の商標登録出願をしている元弁理士ではないでしょうか。

ちょうど、yahooではこんな記事が出てます。商標出願 乱発男性の主張

「民進党」、「STAP細胞はあります」をはじめ、話題になっているもの、使いそうなものを手当たり次第出願しています。

これに対し、特許庁では、こんな声明を出しています。自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)

出願手数料の支払いがなければ出願の却下処分をし、支払いがあった場合でも拒絶理由に該当する場合は商標登録されることがないので、自身の商標登録を断念しなくともよいということですね。

これ、本当に登録されるのか不安の方もいらっしゃると思いますが、商標出願乱発男性(以下、U氏)に先に出願されてしまった商標を、弊所では確かに最終的に登録することができました。

弊所のケースを説明する前に、U氏の手数料未納出願の経過について整理してみましょう。

1.出願
↓(約2週間)
2.特許庁の補正命令
↓(約2ヶ月)
3.特許庁の却下処分通知
↓(約3ヶ月)
4.特許庁の却下処分通知(再送1回目)
↓(約1ヶ月)
5.特許庁の却下処分通知(再送2回目)
↓(約2.5ヶ月)
6.特許庁の却下処分

整理してみて驚きましたが、1の出願から6の却下処分まで、9ヶ月くらい係属状態とすることができるのですね。

この間いつでも、U氏は、やろうと思えば手数料を納付して、却下処分とならないようにすることが可能です。

では、6の却下処分まで待てばいいじゃないかというご意見もありますが、4の却下処分通知の再送の後に分割出願をしています。

この分割出願は適法ではないので出願日が遡及することはないのですが、それでも6の却下処分前にした出願ということになります。

(尚、分割出願がなぜ不適法か説明については長くなるのでここでは割愛します。おそらく他のブログで詳しく説明されています。)

そして、U氏は分割出願を繰り返すことで、係属出願のない空白の期間がないようにしています。

このような状態ですから、却下処分が確定するまで待つのは得策でなく、出願するならば急いで出してしまった方がよいと思います。

さて、弊所のケースですが、出願は2の補正命令の後に行いました。

「よーし、これでU氏の出願が却下されれば大丈夫だ。」などと思えるはずもなく、小心者の私は万が一U氏に気付かれて手数料納付されたらどうしようとビクビクする毎日を過ごすことになりました(笑)

ちょくちょくJ-PlatPatで確認するのですが、なかなか出願却下まで辿り着かない。

そして、出願から5ヶ月経過してもU氏の出願は却下されず、とうとうU氏の先願を理由とする拒絶理由通知書を受領してしまいました。

ただ、この時点では5の却下処分通知の2回目の再送の後でしたので、意見書提出期間に6の却下処分となり、その旨を意見書で述べることで無事登録査定となりました。

ここで、意見書提出期間内にU氏の出願が却下処分とならない場合は、期間経過後に自分の出願が拒絶されてしまうのかという疑問が生じます。

しかし、U氏の出願が登録されない限りは拒絶査定とはなりませんので、その点は大丈夫です。

そんなわけで、U氏に先に出願されていても登録に至るというのは本当です。

ただし、余計な時間がかかりますし、目立った活動をしてU氏の目にとまっていればどうなるかわかりません。

そしてなにより、精神衛生上良くないです(笑)

現状、U氏の出願に対して後出しでも登録されているので、特許庁もあのような声明を出したとは思うのですが、出願人がもう少し安心して権利化活動できるように、積極的な手を打ってもらいたいものです。

現行の法律や運用では厳しいとは思いますが、特許庁様、何卒よろしくお願いします。(見てないとは思いますが)


しげいずみ知財綜合事務所

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
知財業界のトリビア(国内優先権主張の基礎となった先の特許出願を権利化する方法)
今年もやってきました弁理士の日。

今年も弁理士の日記念ブログ企画2015に参加させていただきます。

放置気味のブログを更新する機会をいただきましてありがとうございます。

今年のお題は「知財業界のトリビア」です。

…と言いましても、私、特に情報通や物知りというわけでもないので、普通の知財ネタで失礼します。

このブログで以前も話題にしたかもしれませんが、国内優先権主張の基礎となる先の特許出願と、国内優先権主張を伴う後の特許出願が、ともに権利になる可能性があります。

両方とも権利になれば、本来1つしか特許権が得られないところで2つ権利を得ることができ、出願人にとって(弁理士にとっても?)メリットが大きそうです。

ですので、両方とも権利にする方法について検討してみます。

まず優先権を伴う後の出願ですが、こちらは通常の手順通り、審査請求をして審査が進めば権利化を図ることができます。

当たり前ですね(笑)

問題は優先権の基礎となった先の出願です。

先の出願は、その出願の日から1年3月経過後にみなし取り下げとなるわけですから、取り下げとなる前に特許査定をもらわなければなりません。

従って、先の出願についても審査請求をすることはもちろんですが、早期審査の対象として早めに審査を進める必要があります。

(通常審査でも権利化が可能かもしれませんが、あまり現実的でないので早期審査を前提とさせていただきます。)

しかし、早期審査のガイドラインには、みなし取り下げが見込まれる出願については早期審査の対象としないと記載されています。

先の出願を早期審査の対象とするには、みなし取り下げが見込まれない状態、すなわち優先権を伴う後の出願をする前に審査請求をしなければなりません。

ただそうすると、先の出願に拒絶理由がない場合、後の出願をする前に特許査定がきてしまい、国内優先権の主張ができなくなるかもしれません。

…というか、この場合、優先権とは無関係に、ただ普通に早期に権利化しただけですね(笑)

それはそれでよいのですが、優先権主張の基礎となった先の特許出願が権利化されたわけではないので、その目的からすると失敗(?)です。

先の出願に拒絶理由がある場合は、早期審査であれば約3ヶ月以内に拒絶理由通知が発せられます。

先の出願の拒絶理由が解消するよう拒絶理由通知に応答しつつ、優先権の主張を伴う後の出願を優先日から1年以内にする、ということであれば両方とも権利化となる可能性がありそうです。

しかし、うろ覚えなんですが、優先権主張の基礎となった特許出願の審査について、以前特許庁の資料を見かけたことがありまして…

それによれば、明らかに特許査定とできる場合のみ審査を進め、そうでない場合は審査を止めるということでした(たしか)

そうすると、拒絶理由通知において許可可能な請求項が明示されていて、その請求項に限定する補正をする形でないと、後の出願をしたら先の出願の審査が止まってしまいますね。

というわけで、結論としては、

① 優先権主張を伴う後の特許出願をする前に、優先権の基礎とする予定の先の特許出願について審査請求をする。
② 先の特許出願について、許可可能な請求項が示された拒絶理由通知を、その出願の日から1年以内にもらう。
③ 先の特許出願を許可可能な請求項に限定しつつ、後の特許出願をする。

という感じでしょうか。

上記①~③の手順以外にも権利化できるケースはありそうですが、より確実なのはこの手順かと思います。

まー上記②など狙ってできるものでもありませんし、上記③での後の出願などは補充・追加する事項がなければ単に先の出願を分割すればすむ話です。

長々と書きましたが、いろいろと条件が整いそうなときに選択肢の1つとして考える程度でしょうかね。

しげいずみ知財綜合事務所

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
最近の状態
あけましておめでとうございます。

忙しさにかまけてブログ更新しないまま、年が明けてしまいました。

今日はある人に、仕事がないよりはマシだ、などと言われ、それもそうだと妙に納得してしまいました。

最近は、国内、外国の権利化業務をしながら、それ以外のイレギュラーな仕事もちょこちょこしている状態です。

去年の今頃は、権利化業務をメインにした業務の拡大を意識していたのですが、いろいろと状況が噛み合わなかったので無理に押し進めることはしませんでした。

イレギュラーな仕事というのは自分の業務の幅を広げてくれて、実際、自分の能力もここ1~2年が一番伸びていると感じているので、これはこれでいいと現時点では思ってます。

また、そのあたりのノウハウが蓄積できれば将来的に他所との差別化を図る武器になるかもしれませんしね。

そんなこと言っていて、今年の年末には思いっきり業務拡大路線に舵を切っているかもしれませんが(笑)

売上はそこそこのレベルになってきてますが、まだまだ小さな事務所ですので、事務所の存続を第1に臨機応変にやっていければと思います。

しげいずみ知財綜合事務所

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
知財業界のキャリアプラン
本日7月1日は弁理士の日ということで、弁理士の日記念ブログ企画2014に参加させていただきます。

今年のお題は「知財業界のキャリアプラン」です。

…難しいですね。

正直、キャリアプランについて記事にできるほど深く考えてはいません。

ただ、自分が歩んできたキャリアパスの記事でもよいということなのでそちらを書かせていただきます。

社会人以降の経歴を年齢基準で書きますと、

24歳 自動車メーカ入社
26歳 第1の特許事務所へ転職
28歳 第2の特許事務所へ転職
32歳 第3の特許事務所へ転職
33歳 弁理士登録
33歳 第4の特許事務所へ転職
37歳 独立

改めてみると、転職繰り返してますね(笑)

ちなみに、親が転勤族だったので、小学4年、中学1年、高校2年で転校していて、転校と転職を繰り返す人生になっています。

自動車メーカを退社するとき、30歳までに資格取って35歳で独立できたらいいとは漠然と思ってましたが、遅れてはいるものの、結果的に資格も取れたし独立もできてますね。

各特許事務所で経験した業務内容ですが、第1及び第2の特許事務所では、国内の明細書、中間処理を担当しました。

第1の特許事務所で機械系の明細書の書き方をマスターし、第2の特許事務所で得意な自動車分野の明細書を作成していました。

第3の特許事務所では、国内及び内外の明細書、中間処理や、簡単な調査業務を担当しました。

第4の特許事務所では、国内、内外、外内の明細書、中間処理を担当するとともに、鑑定、調査等の業務もまわってくることがありました。

意図したわけではありませんが、転職するたびに業務範囲が広がっていったので丁度よかったといえばよかったです。

今後についてもいろいろ書きたいところなのですが、実は事務所の方向性についてちょっと迷ってしまっています。

事務所の経営を安定させなければと思う反面、安定させる方向に舵を切ると、自分がやろうとしていることから離れるのではないか、などと考えてます。

このあたり、自分の考えがまとまった時点で、またブログでご報告できればと思います。


しげいずみ知財綜合事務所

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

早速ですが、今年の当ブログの目標は、スポンサーサイトの表示が記事より上に表示されないようにすることです(嘘)

先日、実家で小学生のときの日記が出てきたのですが、初日に「今度は日記をやめないようにする」とか宣言してるのに、一週間くらいで終わってました(笑)

うーむ、小学生のときから全く成長してませんね。

ただ、正直、このブログを集客に利用しているわけでもないので、忙しいときは更新頻度は低くてもよいと思っています。

そしてなんと、今年はおみくじを引いてません。

その理由は…

いつもの神社にいつものおみくじがなかったから(笑)

それなら他のおみくじを引けばいいんでしょうけど、そこまでする気にはならなかったです。

なんででしょうね。

事務所に関しては今年は自分の中でやることはっきりしていて、おみくじ引いて思考を巡らす必要がないように思えたのかもしれません。

ただ、昨年末、体調を崩しがちだったので、今年は体調管理はしっかりしないといけないと思ってます。

それでは今年もがんばって行きましょう。

しげいずみ知財綜合事務所

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


プロフィール

handy man

Author:handy man
特許事務所経営の43歳、二児の父親です。

ツイッターやってます。フォローしてね。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。